ミュージアム MUSEUM
箱根ラリック美術館

企画・展示

パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 
サラ・ベルナールの世界展 

サラ・ベルナールの世界展の写真



ミュシャ、ラリック、ロートレックの女神 

19世紀末から20世紀にかけて活躍したフランスの大女優サラ・ベルナール(1844〜1923)。
演劇界のみならず文学や美術など芸術界全般に大きな影響を与えたサラは、まだ無名だったアルフォンス・ミュシャや若手ジュエリーデザイナーだったルネ・ラリックの才能を見出した女性でもあります。

文豪ヴィクトル・ユゴーが「黄金の声」と称賛した美声と、男役も演じる高い演技力で、母国フランスでは伝説の女優として語り継がれているサラは、自ら執筆や彫刻の制作を行うアーティストとして活躍するなど多彩な才能を開花させました。演劇・芸術・ファッションで人々を魅了し、いち早く広告の重要性に目をつけたことで、写真やポスターで自らイメージ戦略を計り、ベル・エポックと呼ばれる華やかな時代を彩ったスターとして君臨しました。


サラ・ベルナールの世界展の写真


本展は、サラ・ベルナールを大々的に紹介する初の巡回展です。
日本とフランスから集めた作品や資料を中心に、華やかなベル・エポックからアール・デコ時代に活躍した芸術家たちの作品を交えて、時代の女神として一世を風靡した大女優の足跡を辿ります。



企画展イベント&レストランメニュー

サラ・ベルナールの世界展の写真


あなたも女優になろう♪
お持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードして、ユリの冠を身につけたサラ・ベルナールのような
記念写真を撮影できます!期間中、毎日開催しています♪

【参加費】無料(入館チケットのみ必要)


ミュージアムツアー
展覧会を個性あふれるスタッフがご案内いたします。

【日時】毎週火・金曜日  11時から約30分間
【参加費】無料(入館チケットのみ必要)



企画展メニューが登場!
レストランLYSにて、企画展にあわせたメニューが楽しめます。
ぜひ、ご賞味ください♪
サラの縁の地、ブルターニュの郷土料理をベースに野菜好きだったサラをイメージした一皿を
ご用意しております。




【展覧会名】〜パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華〜
      サラ・ベルナールの世界展
【会期】2019年3月28日(木)〜6月30日(日)
【開館時間】9:00〜17:00(美術館最終入館は16:30まで)

【主催】箱根ラリック美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
【後援】在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
【協賛】ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
【助成】笹川日仏財団
【特別協力】《フランス》エタンプ市美術館、ピエール=アンドレ・エレーヌ氏、ダニエル・ラドゥイユ氏
      《日本》堺アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)、京都工芸繊維大学美術工芸資料館、リボリアンティークス
【企画協力】株式会社 燦京堂
【運営協力】「サラ・ベルナールの世界展」実行委員会

サラ・ベルナールの世界展の写真