ミュージアム MUSEUM
箱根ラリック美術館

企画・展示

終了しました
ファッションとアート 麗しき東西交流  

ファッションとアート 麗しき東西交流展の写真


ファッションとアート 麗しき東西交流展の写真


海の向こうへの憧れが、新しい装いと美を生み出したー。  

1859(安政6)年の開港以来、横浜は西洋の文化を受け入れ、日本の文化を海外に送り出す玄関口としての役割を担ってきました。この展覧会では、19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、横浜を一つの拠点とする東西交流が、人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたのかをご紹介します。
明治以降の日本では、西洋からもたらされたファッションやライフスタイルが、急速に人々の暮らしに浸透していきました。一方、西洋へは日本の美術品や着物が輸出され、ジャポニスムのブームが起こりました。日本と西洋の双方にとって、海の向こうの人々は、美しく珍しい衣装を優雅にまとい、自分たちのものとは異なる工芸品で日々を豊かに彩る、「麗しき」他者であったことでしょう。
横浜では初めての展示となる京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスや服飾品約100点を中心に、国内外の美術館や個人が所蔵する服飾品、工芸品、絵画、写真など計約200点を展観。日本と西洋が互いの装いと生活の文化をどのように受容・展開し、新しい美を見出していったかをたどります。

当館からもラリックのジュエリーとガラス工芸品をお貸し出ししております。