ミュージアム MUSEUM
箱根ラリック美術館

企画・展示

|企画展|

ラリックの夢をのせて
豪華列車が旅した南フランス


太陽に恵まれた地、憧れのニース
冬になると、英国人有閑階級たちが
厳しい寒さから逃れるため、
温暖な気候の南仏、コート・ダジュールへと
向かったことから“避寒地”をルーツとする観光地。

時間とお金に余裕のある人々が長期滞在したことで、
高級リゾート地として名高いニースへと生まれ変わっていったのです。

ラリックもジュエリー作家時代に、
ニースにいる顧客のために
ジュエリーのサンプルを届けにいきました。
いつも新しい作品制作へ意欲的に取り組んでいたラリックにとって、旅の途中で見たものは、創作のアイデアとなっていたことでしょう。

今回の展覧会では、南フランス行きの豪華列車の旅に焦点をあて、主要な停車駅の名産や風土にまつわるラリックの作品をご紹介します、
当時の鉄道ポスターやコート・ダジュール号の開通式映像など、ラリックが活躍した時代の旅行に関する資料とともに、憧れの南フランスを目指します。
ラリックの夢をのせての写真


「パリからニースまで14時間!」
1929年12月9日に当時最新鋭の設備と贅を尽くした、
豪華列車コート・ダジュール号が運行をスタートしました。
ガラス工芸作家として名を馳せていたラリックも、サロンカーの室内装飾を担当し、美しいガラスパネルで、旅路をも演出したのです。
ガラスの可能性に目をつけ、幅広いジャンルの作品を手掛けたラリック。特に晩年期に、公共の場を彩るガラス作品を制作します。
多くの人に、そして、ラリックを知らない人にも、美しいものを届けたい、豪華列車にのせたラリックの夢が、箱根ラリック美術館でご覧いただけます。

今回の展覧会では、通常の入館チケットで、
コート・ダジュール号の車内見学ができます!
ラリックの夢をのせての写真
 
期間:2017年6月3日(土)〜11月26日(日)
開館時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
入館料:大人1500円、大学生・高校生・シニア1300円
中・小学生800円
協力:川崎市市民ミュージアム、櫻井寛、佐々木直樹、曽我コレクション、中村コレクション、日仏会館図書室(五十音・敬称略)


オリエント急行秘話
弊館コレクションのコート・ダジュール号プルマンカーNo.4158は、後にオリエント急行として活躍した車輌です。
実は、1988年のフジテレビ30周年記念のオリエント急行日本縦断で既に来日を果たしている列車。
写真家 佐々木直樹氏によって、日本の風景の中を颯爽と走行する姿を捉えた写真を実物車輌の前にて開催しております。

土・日・祝限定!!
企画展スペシャルメニュー オリジナル弁当

鉄道旅行といえば、駅弁♪
ということで、南フランスの息吹を食の体験で
お楽しみいただけます。
旅のお供や思い出に、おひとついかがですか。

『紺碧海岸(コート・ダジュール)御辨當』
価格:1,200円(税込)(土・日・祝/限定20食)
ラリックの夢をのせての写真


夏休みワークショップ
つくって、遊ぼう!オリジナル車輌
ラリックの夢をのせての写真

子供から大人まで楽しめる大好評のワークショップ!今年は、木片に好きな色を塗って、自分だけの車両をつくって遊んでいただきます♪

開催日:7月15日(土)〜9月3日(日)
受付時間:10時〜15時(休憩有り)
参加費用:無料(別途入館料が必要です。)