ミュージアム MUSEUM
箱根ラリック美術館

企画・展示

終了しました
ミュシャ展
アール・ヌーヴォーの華

ミュシャ展の写真

 
 「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる独特の作風で19世紀末パリの寵児となったアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。アール・ヌーヴォーの旗手として、その名を美術史に残しています。美しい色彩と流れる曲線の華麗な女性像や花の装飾に、スラヴ民族芸術や日本美術などの要素を取り入れた作品は、誰もが一度は目にしたことがあるほど不動の人気を誇ります。
 代表作から初公開の貴重な資料まで、長崎オリジナルの新たな構成で披露します。なかでも大女優サラ・ベルナールの依頼でデザインした「蛇のブレスレットと指輪」や横4メートルを超す油彩の対策「ハーモニー」とその特別展示は、本展のハイライトです。
サクセスストーリーが実現したパリ、米国、祖国チェコと拠点を移しながら、独自の造形表現、人生哲学を追求したミュシャ。波乱に満ちた生涯と芸術を顧みます。


ミュシャ展の写真


  当館からは、パリ時代から、祖国への愛溢れる作品まで、4点をお貸ししています。

ミュシャ展の写真