ミュージアム MUSEUM
箱根ラリック美術館

企画・展示

アルフォンス・ミュシャ デザインの仕事
アルフォンス・ミュシャの写真
|企画展概要|
 アール・ヌーヴォーの代表的芸術家として知られるアルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。19世紀末から20世紀初頭にかけて、フランス・パリやアメリカ、故郷のチェコで活躍した彼の画業の多くを占めるのは、ポスターをはじめとするデザインの仕事です。「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる独自のモチーフ使いや画面構成、制作プロセスなどにも迫る展覧会。ベル・エポック(良き時代)の街並みや人々の暮らしに彩りを添えたミュシャの作品の数々をお楽しみください。当館からもミュシャ作品をお貸ししております。
|開催期間|
2016年06月25日(土)~2016年09月25日(日)
|会場|
清須市はるひ美術館
日本
ミュシャ展 アール・ヌーヴォーの華
ミュシャ展の写真
|企画展概要|
 19世紀末パリ、「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる華麗な作風で“アール・ヌーヴォーの寵児”となったアルフォンス・ミュシャ。25年ぶりとなる本格的な回顧展を開催します。ミュシャが描く優美で神秘的な女性像は、装飾性の豊かさにおいて他の追随を許しません。
 代表作など約400点以上で、人生と芸術をご紹介します。当館からは、パリ時代の作品から祖国への愛溢れる作品など4点をお貸ししています。
|開催期間|
2016年04月02日(土)~2016年05月29日(日)
|会場|
長崎県美術館 企画展示室
日本
東京都庭園美術館開館30周年記念
幻想絶佳  アール・デコと古典主義
幻想絶佳 の写真
|企画展概要|
アール・ヌーヴォーからアール・デコへ、「新様式」を模索していた1910年前後。その下敷きとなったのが古典主義でした。本展はアール・デコにおける朝香宮邸の位置づけを明らかにしながら、古典主義のアール・デコ作家たちの豊かなイマジネーションから生まれた世界—幻想絶佳—を紹介する展覧会です。フランスの美術館所蔵品を中心とした33作家による80余点の作品の中には、当館所蔵のルネ・ラリックのアール・デコ期のガラス作品6点も登場します。
|開催期間|
2015年01月17日(土・土)~2015年04月07日(火・火)
|会場|
東京都庭園美術館
日本
第3回松永記念館交流美術展
ガラスの煌き ルネ・ラリック  金唐紙と織りなす花鳥風月の浪漫
ガラスの煌き ルネ・ラリックの写真
|企画展概要|
小田原市板橋にある「松永記念館」での、小田原・箱根エリアを中心とした文化施設の美術品を紹介する交流展。
今回は、ラリックのガラス作品と華やかな金唐紙を併せて展示しています。ガラスと和紙という異なった素材でありながら、共通して描かれている自然や昆虫たち。その表情は生き生きと、躍動感溢れています。同時期に生まれた和と洋の工芸品が絶妙なハーモニーを奏でながら、花鳥風月の世界を味わうことのできる展覧会です。
|開催期間|
2013年10月25日(金)~2013年12月08日(日)
|会場|
松永記念館
日本
KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン
KATAGAMI Styleの写真
|企画展概要|
19世紀後半、近代化に沸く欧米に、日本の「型紙」が大量にもたらされました。世紀末の芸術家たちが日本のKATAGAMIの魅力にいかに夢中になったか。その驚くべき影響力を、国内外の美術館、博物館より集めた多彩な作品で堪能できる展覧会です。日本国内で、3つの美術館に巡回します。当館からは、ルネ・ラリックのジュエリーや花器など11点をお貸ししています。
|開催期間|
2012年04月06日(金)~2012年10月14日(日)
日本
華麗なるアール・ヌーヴォー、アール・デコの世界 ガレ・ドーム・ラリック
華麗なるアール・ヌーヴォー、アール・デコの世界の写真
|企画展概要|
1920年を境に起きたアール・ヌーヴォー、アール・デコへの劇的な変化を、フランスを代表したガレ・ドーム・ラリックの作品を通して鑑賞する展覧会。3つの美術館で巡回されました。ルネ・ラリックの作品50点はすべて当館所蔵の作品です。
|開催期間|
2007年04月27日(金)~2007年11月04日(日)
ベルリンのルネ・ラリック展
ブレーハン美術館の展覧会
René Lalique
René Laliqueの写真
|企画展概要|
ドイツのブレーハン美術館(Bröhan-Museum)で、9月8日から“René Lalique Jugendstil-Schmuck aus Paris 1890-1912”がスタートしています。この展覧会は、パリのリュクサンブール美術館(Musée du Luxembourg)で7月29日まで開催し、約5ヶ月弱の会期で30万人近くのラリックファンが詰めかけた展覧会の巡回展です。
|開催期間|
2007年09月08日(土)~2008年01月13日(日)
|会場|
ブレーハン美術館(ベルリン)
パリのルネ・ラリック展
リュクサンブール美術館の展覧会
René Lalique
René Laliqueの写真
|企画展概要|
パリのリュクサンブール美術館(Musée du Luxembourg)で、3月7日から“René Lalique Bijoux d'exception 1890-1912”がスタートしました。この展覧会に当館から所蔵のルネ・ラリック作品を21点出品しています。プレビューには当館学芸主任等も出席しました。
|開催期間|
2007年03月07日(水)~2007年07月29日(日)
|会場|
リュクサンブール美術館(パリ)
パリ
型紙とジャポニスム
Katagami
Katagamiの写真
|企画展概要|
日本の型染に用いられる型紙はヨーロッパのデザインに大きな影響を与え、現在でもヨーロッパのいくつもの装飾美術館・工芸美術館に型紙が所蔵されています。型紙の文様がジャポニスムに湧くヨーロッパにおいて与えた影響を探ります。
|開催期間|
2006年10月19日(木)~2007年01月20日(土)
|会場|
パリ日本文化会館