箱根ラリック美術館
コロナ対策
企画展
FB
インスタグラム
Twitter

新着情報

2021/10/22
[LE TRAIN] 10/23(土)オリエント急行時間変更のご案内
10月23日(土)のオリエント急行「ル・トラン」の営業時間を
10時
15時
の1日2回とさせて頂きます。
お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。
2021/10/19
[MUSEUM] 箱根ラリック美術館で安心してお過ごし頂くために
箱根ラリック美術館は、新型コロナウイルス感染症の感染予防及び感染拡大防止のため以下の対策を講じます。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

新型コロナウイルス感染症への対応について

衛生対策
■ お客様対応を行うスタッフは、マスクやフェイスシールドを着用します。
 また、手洗い、手指消毒、検温などによる体調管理を励行します。
■ 美術館入口などに、除菌用アルコールを設置しております。手指消毒にご協力ください。また、マスクの着用やこまめな手洗いにご協力をお願いします。
■ 館内の手すり、ドアノブ、窓など手指が触れる機会が多い場所を中心に、定期的な消毒・清掃を実施しております。
■ トイレ内にて、ハンドドライヤーの使用を中止し、ペーパータオルを設置しております。

密集・密接対策
■ 混雑時には、ご入館を制限させていただく場合もございます。予めご了承ください。
■ 受付および、各お会計窓口には、密集しないように、立ち位置を明示し、ビニールカーテンを設置しております。
■ 館内では、お客様同士、十分な間隔をとってご鑑賞いただくようにお願いしています。

密閉対策
■ 美術館内の空調は、外気を取り入れながら、機械換気を行っております。
 カフェ・レストラン リス、ショップ パッサージュにおきましても定期的な換気を行っております。

サービスの休止
■ 感染防止のため、車椅子の貸出し、ミュージアムツアー(解説ガイド)、お子様へのワークシートの配布などを中止しています。

ご来館されるお客様へのお願い

■ マスクを着用の上、ご来館ください。また、咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかりと覆う「咳エチケット」にご協力ください。
■ 発熱、咳などの風邪症状や味覚障害の症状がある方や体調のすぐれない方は、ご来館をお控えください。(施設内で激しく咳き込まれるなど、風邪のような症状がある方には、スタッフがお声掛けし、検温やご退館をお願いする場合がございます。)
■ こまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。
■ ご鑑賞中は大きな声での会話をお控え頂き、他のお客様と十分な間隔をあけてご鑑賞ください。
■ 一箇所に集中した場合、スタッフがお声掛けします。
■ 感染防止のため、壁や展示ケースに触れないようにお願いします。
■ 館内で体調が悪化した場合は、至急お近くのスタッフへお声掛けください。
2021/10/19
[GENERAL] 少しづつ色づいてきました♪
少しづつ色づいてきました♪の写真
近頃ぐっと夜温が下がり、少しづつ庭園の木々も色づき始めてきました。日中も冷んやりとした風が吹いています。
2021/10/18
[MUSEUM] 「ルネ・ラリックの水のかたち」は11月28日まで❣️
「ルネ・ラリックの水のかたち」は11月28日まで❣️の写真
世間はすっかり秋ですね^ ^
皆様はどのような秋をお過ごしでしょうか?

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、そして、芸術の秋。
芸術といえば、やっぱり美術館ですよね。行楽日和のこの季節に、箱根で美術館巡りはいかがでしょうか?

現在ご好評をいただいております、特別展示「ルネ・ラリックの水のかたち」も、残すところ約一ヶ月半となりました。
この展覧会では、ラリックの作品を「水」をテーマにご紹介しています。

トンボや魚といった水辺の生き物や、シレーヌ(セイレーン)やナイアードといった水の精の姿を借りて、「水」を造形化したカーマスコットや花器。
七宝やオパルセントガラスなどの斬新な素材により「水」を表現したジュエリーやうつわ。
1925年の現代装飾美術産業美術国際博覧会(アール・デコ博)のシンボルとなった巨大な噴水塔を飾るガラスの女性像などなど、ラリックの「水のかたち」はとっても多彩。

箱根はススキの見頃も近づいてきました。
観光にぴったりの季節に、ぜひお立ち寄りください( ´ ▽ ` )

「ルネ・ラリックの水のかたち」は11月28日(日)までです。
皆様のご来館を楽しみにしています♪
2021/10/10
[LYS] 【10/16酒類提供再開】お待たせしました!!
緊急事態宣言の解除を受けても、
アルコール提供を自粛していましたが、
10月16日(土)より
アルコールの提供再開です!
「マスク飲食」にご協力頂きながら、
お楽しみいただければと思います。

提供時間  11:00〜16:30(4名以内)
2021/10/05
[MUSEUM] 小さな展覧会「星に願いを」を開催します⭐︎
小さな展覧会「星に願いを」を開催します⭐︎の写真
11月29日月曜日より、小さな展覧会「星に願いを」を開催いたします。

箱根の冬を暖かく照らすイベント「箱根・すてきな灯り」に合わせて、箱根ラリック美術館でも「灯り」をテーマにルネ・ラリックの作品をご紹介いたします。

ラリックが活躍した20世紀初頭は、電気が一般家庭にも普及し、人々が夜の時間を楽しめるようになりました。
斬新な作品を制作するために、常に創意工夫をしていたラリックは、新しい表現方法として、当時最先端の技術であった電気を作品に取り入れます。

一方、幼少期より自然に親しんでいた彼にとって、夜空を照らす月や星は重要なインスピレーション源の一つ。
新たな時代の幕開けに、人々の暮らしを豊かにした室内の灯りと、いにしえより、多くの人が願いを込めた夜空の灯りのシンフォニーをお楽しみください。

期間は、2021年11月29日月曜日から2022年3月18日金曜日までです。
会期中は、併設しているカフェ・レストラン「LYS」で、香水瓶「ダン・ラ・ニュイ」そっくりのスイーツをお召し上がりいただけます。

皆様のご来館を楽しみにしています^ ^
2021/09/21
[LE TRAIN] デザートが変更になりました。
【カボチャのタルト】です。
もうすぐハロウィン♪
大規模なイベントは出来ませんが、
秋の箱根で優雅なティータイムはいかがですか?

感染症対策を万全に、皆様のご乗車をお待ちしてます。
2021/09/05
[LYS] 秋メニューが始まります!
秋メニューが始まります!の写真
長雨だった夏が終わり、秋がはじまります!
この時季ならではの食材を使い、美味しいお料理とスイーツを準備しております。
日々進んでゆく紅葉を見ながら、レストランLYSでお食事いかがでしょうか?
2021/09/04
[MUSEUM] ペンダント「二頭のトンボ」
ペンダント「二頭のトンボ」の写真
現在開催中の企画展「ルネ・ラリックの水のかたち」では、ラリックが「水」を着想源に制作した、ジュエリーやガラス作品をご紹介しています。その中でも特に多いのが、水辺の生き物をモチーフにした作品。

こちらはペンダント「二頭のトンボ」(1903年〜1904年頃)です。
向かい合う二頭のトンボに挟まれた、大きなアクアマリンが目を引きますね。

トンボの羽は七宝でできています。裏側の金属(胎)の無い七宝(省胎七宝)ですので、着用する人の肌が透けて見えます。まるでステンドグラスのようで美しいですね。
一方、トンボの足と、背景の植物の部分には胎のある七宝を用いているため、鮮やかな色彩を帯びています。透ける七宝と透けない七宝の使い分けが巧みですね。
小粒ですが、羽の上部にはダイヤモンドが輝いています。

トンボの目と胴体の部分は青緑色のガラスでできています。胴体の部分のみ、つや消し(フロスト)加工を施すことで、眼球部分の輝きが強調されています。

ラリックの時代は、ジュエリーの価値=宝石の価値とされていました。
つまり、ダイヤモンドやサファイアなどの高価な宝石が、ジュエリー自体の価値を定めていたのです。

ところが、ラリックは宝石の価値ではなく、個性的なデザインにより、ジュエリーに価値を与えようとします。そのため、アクアマリンのような比較的安価な宝石や、かたちを自在にデザインできるガラスや七宝といった素材を、積極的にジュエリーに取り入れていきます。

こうして、誰も見たことがないような斬新なデザインのジュエリーを世に送り出し、当時のパリジェンヌたちの心を掴んだのでした。
時代の価値観を覆すなんて、カッコいいですね!

「ルネ・ラリックの水のかたち」は11月28日までの開催となります。
秋のお出かけにいかがでしょうか?
皆様のご来館を楽しみにしています♪
2021/08/31
[LE TRAIN] オリエント急行営業時間のご案内
オリエント急行営業時間のご案内の写真
新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、オリエント急行の営業時間を下記の通り変更させていただいております。
平 日 11時、13時、15時
土日休 10時、12時、14時、16時
※変更する場合がございますので、当日お問い合わせください。